Webサイト制作

Webサイト制作において特に売り上げにも直結する重要なポイントが「コーポレートサイト」「ランディングページ」です。

顧客が求めているニーズに対し、いかに分かりやすく、且つ的確にサービス内容を提供できるか、ここが最大のポイントであります。しかし、見栄えのするWebサイトでもマーケティングの観点からのWebサイトサイト制作ができていなが為に、せっかく集客した見込み客をみすみす逃しているサイト様も多いのが現状であります。

集客の受け皿として効率的に成約につなげるサイト制作を意識的に行うことで、売り上げのアップにつながることは間違いありません。

コーポレートサイトの役割とは?

ラポールとしての役割

コーポレートサイトとは、会社の理念、サービス内容、企業ブランドを伝える企業の顔ともいうべきWebサイトです。ステークホルダーとの最初の信頼関係を築く重要な役割を果たします。

マーケッターとしての役割

コーポレートサイトの役割は顧客との信頼関係を築くことだけではありません。もちろんマーケティングの観点からの工夫も必要になります。
仮に1000人の顧客を集客し信頼関係を築けたとしても、ニーズに応える商品やサービスを紹介できなければ、ただの「いい人」で終わってしまいます。
企業のコーポレートサイトの重要な役割のひとつとして、効率良く成約率を上げ且つ顧客満足度を高めるWebサイト構成が非常に大切になります。

売り上げが一気に倍増する!ランディングページの役割とは?

ランディングページの役割とは?

集まった見込み客に対し、いかにわかりやすく、且つ迅速にサービス内容を伝えられるか。そしてそれは、顧客のニーズを満たしているのか?この点を意識することなくして、いくら集客をしてもザルに水を溜めようとする様なものです。

PPCやSEOで数百人、数千人のアクセスがあっても成約率が低ければ効率的に売り上げを上げることはできません。

逆に広告出稿費の分赤字になるケースもあるでしょう。

ランディングページ(成約ページ)の役割とは、いかに顧客のニーズ、悩みに対し

悩み解決の為の相談、アドバイスをする役割を担います。

属性を絞ったアプローチ

顧客の悩みはみなそれぞれです。

その個々の悩みに対して、ターゲット属性を絞った的確なアプローチをすることでランディングページの成約率を劇的に上げることが可能になります。

キーワードによるマッチング

キーワード検索でWebサイトを開いたが、欲しい情報が1つも見つからない。そんなことはありませんか?

見込み客の入口であるキーワード検索に対して、欲しい情報を的確にアドバイスできるキーワードマッチングもランディングページに置いて重要なポイントになります。

経験にもとづいたABテストの継続

ランディングページは1度作れば終わりというものではありません。

OG3では、アクセス解析の状況、ユーザーのニーズに合わせ継続的にWebサイトのメンテナンスを行いながら、より成約率の高いランディングページを目指します。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

求人採用のエントリーはこちら

求人採用のエントリーはこちら